関節痛の医科的対処

膝の調子が悪いと言う人は、具体的には膝の痛みを訴えます。歩くと痛い人、走ると傷むと言う人、正座ができない、階段の昇り降りがつらい、など様々です。中には膝を伸ばすことができない、曲がらない、膝が腫れる、という人もいます。

 

これらの多くの人は年齢だから病気ではないと思い込んでいるようです。
しかし、膝の痛みの原因の一つに「変形性膝関節症」があります。
比較的、高年齢に多いので老化現象と誤解されますが、変形性膝関節症の場合、関節軟骨の損傷というのが原因で、金属疲労のようなものです。

 

痛みを感じたら老化と勝手に判断せず、整形外科を受診することが大切です。病院では問診をはじめ、視診(歩き方などを視ます)、触診、関節のレントゲン撮影などの検査をします。

 

変形性膝関節症と判明したら、肥満度に応じて生活環境の指導がなされます。症状が進んだ場合は温熱療法や装具療法、薬物療法(湿布や抗炎症薬、関節内へヒアルロン酸を注入)などを行います。

 

初期の場合は運動などで筋肉を強化したり、生活環境の改善でほとんどが改善できますが、症状が進んで回復できそうもない場合は、手術療法が選択されます。

 

「ロコモ」という言葉も最近よく耳にするようになってきました。
【ロコモ対策・予防ガイド】サプリ・健康食品・運動でロコモ対策はじめよう!

 

 

関節痛サプリ「やわた」

船越英一郎さんのCMでおなじみの、やわたのサプリ「国産グルコサミン」は、やわたの所在地である鳥取県の境港で水揚げされた紅ズワイガニの殻だけを利用し、グルコサミンを抽出しています。

 

1sのカニからわずか10g程度しかとれない貴重なグルコサミンを、1日分約750r摂取できます。
さらにやわたのサプリには、サケの軟骨成分でコンドロイチンが一日分15rも配合されています。さらに乳酸菌発酵によるヒアルロン酸も配合。
関節痛の緩和や予防のための3つの成分が配合されていますから完璧です。

 

関節痛のサプリメントは概ね高額なのですが、やわたはメーカー直販ということもあって、リーズナブルな価格で入手できます。
1ヶ月分90粒入りで2,160円(税込・送料別)です。定期購入なら5%引き、3ヶ月ごとに3袋の場合10%引きになります。

 

関節痛サプリ「小林製薬」

小林製薬が販売しているサプリ「グルコサミン&コラーゲンセット」は、
1粒あたりのグルコサミン含有量が251.43r、コラーゲンは3.77rです。
1日の摂取量を3粒としていますので、1日に1760rのグルコサミンを摂取できます。

 

ヒトの身体の3分の1を構成するタンパク質に必要なコラーゲンやそれらの生成に必要なビタミンCも配合されているので、関節痛の緩和や予防に効率的な効果が期待できます。

 

他には糖質のデビルズクローエキス、結晶セルロースが配合されています。主成分の原料はカニやエビの甲殻からつくられているので、不純物が混入していないかなどのチェックは厳しく、製造工程から品質チェックに至るまでの管理体制は製薬会社ならではの体制になっています。

 

また、着色料や保存料は不使用ですから安心です。
この製品のグルコサミンはエビやカニを原材料としていますので、これらに対するアレルギーを持つ方は使用をしないでください。

 

健康食品情報

更新履歴